ワークショップ&イントゥ消息

(株)のトゥピルラテスワークショップ&ニュースです。
パク・ウンジのスタイルを一言で定義するなら優雅だ。細い腰、長くてまっすぐに伸びた脚線美を持つ彼女は単純にスリムなのではなく、美しいラインが生きている。女たちのワナビー体つきを持ったパク・ウンジとのビューティートーク。 気象キャスター時代からセクシーな体つきで話題になった放送人パク・ウンジ(33)。実際に向き合っている彼女の体つきはセクシーという一つの単語で表現するには不足した。撮影のために体のラインがあらわなドレスを着た彼女を見ると優雅という単語が自然に浮上した。美しい'立った'を持ったパク・ウンジの管理の秘法はすぐにピラティス。2010年プロ野球の始球式の提案を受けてボディスタイルを整えるために始めたけど、自分に合う運動、これまで地道にやっている。 "気象キャスターをする時は机に座って事務業務もたくさん見たために姿勢が相当変わっていました。姿勢矯正もして運動に慣れた兼3ヵ月ほど毎日運動をしました。普段使わない筋肉を使っているため、最初は適応するのがすごく大変ですが、運動をしないと、むしろ体が痛いほどです。" ピラティスを続け、姿勢矯正はもちろん、体のラインが蘇って小さい筋肉がついた。確実な効果を見たからこそ、今も1週間に2回程度はピラティスをすると。また、一つ彼女が楽しむ運動はヘルスで、1つの運動だけしたらうんざりしてお互いに発達した筋肉と運動した時の効果が異なるため、2つの運動を交互にする。ピラティスの場合の中の筋肉を使って女性らしい体のラインが作られ、小さい筋肉が生じている反面、ヘルスは体力を育ててくれて大きな筋肉を発達させてくれる方。それでヘルスをした日には家に戻ってピラティス呼吸をして行われた肋骨を閉じてくれるのを自分のノウハウで挙げる。 "初めて運動を始めた時、少なくとも一ヶ月間は毎日しなければなりません。送らなかった筋肉を書きながら感じる痛みに慣れなければならないためです。始める時から運動する習慣をよく入れてこそ維持することができます。" "ピラティスがラインを作る運動なので、普通のスリムな方たちがいっぱいでむしろ規模がある方にお勧めします。。肋骨を集める呼吸をしながら動作を繰り返すために胴体が小さくなるんですよ。そして運動の強度が高くないために根気よく運動をしたい方々におすすめします。" 運動を一生懸命にしたのには様々な理由があるだろうが、最も大きな理由は'自信を持つために'というパク・ウンジ。人にみられることが重要視される職業の特性上、管理もしなければならないが、究極的な目標は自己満足だ。運動を一生懸命にすれば、自分の望む服をもっときれいに消化することができ、それによって自信が生じるため。彼女にとって運動は、自信を表出することができる手段であるわけだ。 "必ずスレンダーな体が美しいスタイルではないと思います。人が見るにきれいな体つきがなくても、本人が自ら満足して健康だと感じるなら、それがまさに、美しいスタイルです。外的に見えることより自分が心をどのように持つのかによって変わるようです。それで私は私自身を厳しくムチをするよりは、今の私の体に満足しようと努力します。そうしてこそ自信ができて堂々になってその姿が可愛くて見えるんですよ。" パク・ウンジの名品体つきしている生活習慣 炭水化物は避け、低塩食メニューに 炭水化物を摂取すると、満腹感が生じて運動するとき、体が音痴気持ちが入って最大限避けようとしてです。ご飯を食べても、玄米ご飯やレンズ豆ご飯、アマランスご飯など、カロリーが低い雑穀に代替して1/3程度だけを食べます。また、塩辛く、辛い食べ物は避けて食べ物の味を最大限あっけなくします。普段こんなに食べる代わりに1週間に1回は、食べたい料理も思い切り食べてストレスを解消します。 いつも身に緊張感を維持する 船に力を入れて、立っている時は足を付けて橋奥に力を与えるなど、体には常に緊張感を維持しています。このようにすることだけで運動します。普通足は外の筋肉を多く使うために、その部分だけの筋肉が発達するようになります。ために意識的に足の内側に力をくれるのです。立っている時足をつけるのは幼い頃から母が知らせてくれた方法です。母親のお陰で足の形をきれいに維持することができました。 リンパ循環を促進し、足の浮腫をなくす 放送をすると、ハイヒールをたくさん神技のため足が容易に腫れている方です。腫れを取り除くために、車で移動するときや家では壁に足を90度の角度で上げています。また、足を両側に長く伸ばしてリンパ循環を促進させることも方法です。 運動前、堅果類摂取は必須 空腹に運動をすると、力が入って動作を十分にできない場合が多いです。それで体力補充のため、運動前には堅果類で空腹感をなくしてです。運動する時だけでなく、普段に体重管理する際も好んで食べますよ。 部位別の運動する時はタイトな運動服選択 全身運動をする時は楽で豊かなスタイルの運動服を着るのを好むが、部位別に筋肉を発達させたり、姿勢を矯正する運動をする時は、体格が現れたタイトなフィットの運動服を着ます。動作をし、随時の動きを確認しなければならないんです。 寝る前腹筋運動をする 他の部位もそうだが、特に船と腰は肉があれば着映えがよくないです。それで寝る前腹筋運動であるレッグ・レイズを100個程度必ずします。床に背を当てて横になった状態で腹部に力を与えて息をつめ、両足を最大限に高める持ち上げる動作です。足を下に下ろすときは息を飲んでいながらゆっくり降りて足が底に付いていない状態で再び持ち上げる動作を繰り返すのです。運動をして寝た日としなかった日を比較してみると、翌日腹筋状態が違います。 出典:ヘンキム慈恵記者I写真神祐(フリー)I製品協賛基ラロスィ(02-547-5707)、レイチェルコックス(02-6215-0070)、ロンシャン(02-513-2288)、ベケット(02-547-5211)、しゅコンマボニー(02-6911-0785)、エム・主(02-3446-3068)、ジニー・キム(1600-8448)、ケイスbyのキム・ヨンジュ(02-516-7559)、21ドゥペイ(02-511-2190)I小道具ヒョプチャンイントゥピラティス(www.intopilates.com)、タンチュピラティスのスタジオ(www.tanzpilates.com)Iヘア&メイクアップ聖賢、ミ、やりがい、主演(チョンセムムルインスピレーション、02-3442-5005)Iスタイルリストの李ギョンウォン、ソンイェスル(アシスタント) 原文閲覧: http://lady.khan.co.kr/khlady.html?mode=view&code=7&artid=201511031109231&pt=nv#csidx56037a919df4eeaa6e5e89372909727
2017-04-12 | 인투필라테스 | Views: 117 | 추천: 0